Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

『め~てるの気持ち』を読んで

review

 同僚に薦められたてiBooksで購入した漫画。作者はGANTZで有名な奥浩哉で、この『め~てるの気持ち』は同時期に連載されていた(2006~2007年)作品らしい。

 美女と野獣よろしく、美女と引きこもりの2人の物語。少し不思議系の美女が献身的に偏屈な引きこもりを改心させようとしながら、当然恋愛要素も絡みつつ展開していく。かなりテンポが良く、四コマ漫画を見ているようなフットワークの物語構成だった。ただ、主人公が引きこもりなので、基本的に家の中だけで話が展開するので、正直大きな山場がなかったかなといのが第一印象。そもそも全3巻なのでドラマチックな展開を期待するのもコクかもしれないが、もっと大きな見せ場やアクシデントや波乱があってもよかったかなと。


 ただ、物語の裏側では、「喪失」と「喪失からの変化(成長)」というものをテーマとしているように感じた。登場人物すべてが(僕らだってそうなのだが)、何かを失い、その代償として何かを得ている。引きこもりの主人公も様々なものを失っているのだが、何も得ようとはしてない(そもそも、引きこもりなんてそんなもんだ)。そこに美女が出てきて背中を押しているわけだ。まあ、ありがちと言えばそれまでだが、短い話なので、さっと読んでみるのも悪くないと思われる。



小泉慎太郎・30歳・童貞。ひきこもり歴15年。ネットと少年マンガを生き甲斐に日々を過ごす彼だが長年戦い続けてきた父親が突然の再婚! 現れたのは自分よりも“年下”の母親・はるかだった。健気でキュート、でもちょびっとガンコな母親とひきこもりのダメオトコの、3歩進んじゃ2歩下がる長い長~い日々が幕を開ける…!!