Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ブルーブラックの話

 僕がはじめて、「会社」らしいところで働いたとき(といっても身分はアルバイトだったが)の上司が使っていたボールペンの色が「ブルーブラック」だった。どうして「ブルーブラック」を使っているか訊ねたことはなかったのだが、多分次のような理由からだと思う。なにかプリントアウトした用紙に黒のボールペンでメモや記入をすると、元々の印刷の線やデザインと被ってわかりづらくなることがある。でも、インクがブルーブラックだと、黒で印刷された部分と手書きで書き足した部分の見分けが自然にできる。ごく自然にだ。しかも青でもブルーでもないブルーブラックは遠目には「黒」っぽくも見えるので違和感もなく、気取ってもない。しかも、どのメーカーの文具でもブルーブラックという色は統一感があり、不思議とシックで大人っぽく見える。ので、僕も一時期、というか結構長い間、ボールペンはブルーブラックを購入して使用していた。


 ところが、会社で支給されるボールペンというものが登場してからは、「貰えるならこれでいいや」ということで、非常に一般的な黒を使うようになり、それ以来ブルーブラックは使わなくなった。


f:id:junichi13:20091122155555j:plain


 ということで、タダに負けてしまうくらいのこだわりだったわけなのだが、今でもブルーブラックという色に、かっこいいな大人だなという思いがある。いつか万年筆なんかを持つようになったら、インクはブルーブラックを使おうかと思っている。いっぱしの文豪みたいでかっこいいと思うのだが。