Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

久しぶりに走ってみた。

 久しぶりに走ってみた。距離は約7キロ、時間は約55分。ペースは、1キロ7分41秒とか。つまり、1キロを走るのに8分近くかかっている。10キロ、50分切りを大きな目標としていた頃と比較すると、1キロを走るのに3分遅くなっていることになる。まあ、何もしてないから当たり前なんだけどね。そもそも2キロくらい走ったら倒れるんじゃないかと思っていたが、そうならなかっただけでもマシだったかなと思っている。


 で、久しぶりに走ってみて、というか身体を動かしてみて、「動く」ことは必要だなとしみじみ感じた。走っている時間は、正直しんどい。腹が立ってくるくらい苦しい。でも、人間上手いことできているもので、しんどいからこそポジティブなことばかり考えるようになる。身体と脳でバランスを取ろうとしているのだろう。久しくなかった感覚である。どうして僕が走ることをはじめて、続けていたかを少し思い出した気がした。(一方で、レースのときは何故か走りながら「早くやめたいな。終わらないかな」ということばかりが頭をよぎっていた。だから結果も出なかったのだろう)


 ちょうど去年の秋口頃から走ることがまったくなくなった。ちなみに2012年の年間ランニング距離は982.7キロ。今年2013年は77.8キロ。今年まったく走っていないことよりも、これまでに年間1000キロも走ってなかったことに少し呆れてしまった。そもそも思ったほど練習していなかったのかもしれない。


f:id:junichi13:20120514231704j:plain


 またレースに出場するには、それ相応の距離を走らないといけないのだが、レースだけがすべてじゃないだろうし、今後の自分の走るスタンスをもう1回考えなおそうかな。とにかく、走ることが大事だということは、忘れないでいたいから。