Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

悪霊の仮面ゲットと次ターゲットの大地の竜玉

DQ10

 相変わらずどっぷりドラクエ三昧な毎日なんですが、最近トライした2大バトルを紹介します。


 まず悪霊の神々への挑戦。ドラクエ2を現役でプレーしている僕にとっては、アトラス、バズズ、ベリアルなど名前を聞くだけで超胸アツもので、この3体が一斉に襲い掛かってくるなんて、時空を越えた浪漫を感じてしまいます。


 スタンダードなパーティー、武僧僧スパで挑戦。僕自身はすべてスーパースターで、都合11戦トライし10勝1敗とまずまず安定した結果を残せています。この10勝のうちで、2勝目に銀のロザリオ、6勝目にバトルチョーカー、そして9勝目で悪霊の仮面をゲットできました。まあ、御の字でしょう。


f:id:junichi13:20130914161318j:plain

スーパースターの装備

 すべて☆2個練金のモダンバニーセット(ドレスアップ実装)で、頭にはMP+22、スーツ&タイツには回復魔力+50、くつにはおしゃれ+10。ただモダンバニーは出品数が少なく高値なため、マスターセットで、もっと安く性能の良いものが揃えられる気がします。ただし腕のみルビーのうでわ。武器は早詠み14%のタイタニアスティッキからの、ベリアル1体になったら天下泰平に持ち換えで攻撃参戦です。アクセはモノクル(暴走ラリホーマ狙い)、銀のロザリオ、ソーサリーリング、ビーナスのなみだ(おしゃれアップ狙い)、スーパースターの証。

スーパースターのスペック

 回復魔力は確か340ほど、おしゃれは女王様のサブレを食べて500超えにしました。このスペックで、ラリホーマは思ったほど効きは良くないのですが、見とれはそこそこあります。

スーパースターの立ちまわり

 開幕ボディガードからのラリホーマ、メイクアップ、スキャンダル……。まあ、他のサイトでも紹介されている通りで、特別変わったことはしてません。というか、ラリホーマを打ちながらのバズズの壁は難しいですね。壁はほとんどできてなかったと思いますが、他のメンバーが上手く対応してくれました。ボディガード代は1戦約8000Gで、メンバーから割り勘で徴収しました。


 悪霊に関してはレベル70を超えて、そのレベル相応のパッシブがあれば、勝つことは難しくないでしょう。念には念を入れるのであれば、エルフやウエディだとバズズの輝く息やバギムーチョの負担を減らすことができます。仮面が出るか否かは運のみですがコインの値段もさほど高くないので、トライできる人はどんどん行くべきでしょう。まあ、パーティー構成の縛りがあるのが難点かもしれませんが。


f:id:junichi13:20130914161319j:plain


 その後、調子に乗ってドラゴンガイアにも挑戦。約25万円のコインを割り勘で購入し、これまた定番パーティー、パラ魔賢僧でチャレンジです。ですが、あえなく惨敗。


 これも動画検索すれば理想的な戦い方が確認できますが、実際プレイするとなると、これが相当に難しい。作戦としては、押さえつけて、後ろから魔法攻撃という非常にシンプルなものなんですが、全員が戦略をイメージできていないと形が崩れたときにリカバリーできないですね。成功例だけ見ていても参考にならないわけです。


f:id:junichi13:20130914161411j:plain


 ダメな例として、パラディンの押さえつけが弱く押される。押されるので後衛が逃げてしまう。壁が崩れ、ガイアが自由に動きまわる。パティー内のダメージが目立つようになると、僧侶のスクルトやズッシなどバフが疎かになり回復に走ってしまう。バフ、デバフがないので余計にダメージを食らう。といった流れになると、もうジ・エンド。ピンチ時に補助系呪文がちゃんと効いているかの確認が重要ですね。スクルトフバーハヘナトス等の補助を最優先しないと、崩れたあと防戦一方になり、立て直しが難しい、というか無理ですね。


 ある程度やり尽くした感が出てきたドラクエですが、次の目標が決まったということで、良かったのかもしれません。というか、やめどきがなくなり良くなかったのかもしれませんが。