Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

冷え性対策としてレッグ・ウォーマーを買ってみた

 朝の情報番組かお昼のワイドショーか忘れたけど、「冷え性」についての特集をやっていた。で、足のつま先が冷えやすい人は、ふくらはぎをあたためる、または冷えにくくすることで解消できるとか述べていた。ホントか嘘かはわからない。


 まあ、冷え性なんてものは、僕にはいっさい関係なく、そもそもこんなものは女性特有の悩みだとも思っていたのだが、この冬、どうも足元の冷えが気になることが多い。特に仕事中、ずっとデスク・ワークをしていると膝からシベリアだ。だから、なるほどと思い、さっそく楽天で購入したのが、このレッグ・ウォーマー。



 ババくさいベージュ色があるのが気になったが、1足だけ買ってもしょうがないので、3足セットになっているものを買ってみた。


 で、実際着用してみたのだが、正直な感想は、つま先の冷えは解消されたようなされてないような……といったところ。もちろんレッグ・ウォーマーでふくらはぎをカードしたところで、つま先は冷えることは冷える。でもその痛みは減ってるような気もしないでもない。よくわからない。


 で、効果の程は引き続き検証するとして、僕にとっての新たな課題が別途発生した。レッグ・ウォーマーの替えどきってやつだ。靴下とかシャツなら、1日が終わって着替えるときに、使用感を感じて洗濯機に放り込むのだが、レッグ・ウォーマーというのはずっと着用してても、着用感がまったくないのだ。ふくらはぎに汗をかいている自覚もないし、また、目的から考えても、家に帰ったところで寒いわけだから、冷えに対する応対が必要なので、スーツからパジャマに着替えても、レッグ・ウォーマーはそのままにしたいわけである。つまり24時間着用するものであり、かつ着用し続けても不快感はない。となると、コンタクトレンズ以上に一心同体となるアイテムになるわけだ(コンタクトしたことないけど)。


 ということで、誰か、洗濯のタイミング、せっかく3足分あるので穿き替えのタイミングをご教授いただきたい。