Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

インターネット接続ができません状態になって

 どういうわけか3年とか4年に1回ほど、家のネット回線の調子が悪くなり、短時間で切れたり繋がったりの繰り返しという状態になる。ネットで、次のページをクリックすると、急に Not Found が出てくるのだが、何度かリロードするとちゃんとページが表示されたりする。つまり完全に死んでいるわけではないのだが、どうも気まぐれな繋がり方という塩梅だ。だから、ネットの場合は、騙し騙し使えないこともないが、ストレスは溜まるし、まとまったデータをアップロードしたいときは気が気でない。しかし、オンラインゲームのドラクエの場合はもっと事態は深刻だ。ネットみたいにダメならリロードしてみるなんてこともできない。切れたら、その時点で画面が真っ暗になって、再接続が必要になる。誰かとパーティを組んでいたら、相手にも迷惑がかかる。クリティカルだ。


 で、毎回同じことをしてる気がするが、自分なりにルーターをいじって初期化なんかをしてみるのだが、余計なことをしてるうちに完全に繋がらなくなる。そして今回も深夜帯だったので、どうしようもないので、寝ることにした。


 そこで、気づいたのだが、もう寝るだけで、ネットを見たりゲームをしたりするわけでもないのに、とてつもない不安感に襲われているのだ。ネットが繋がっていないということに対し、いざというときに必要な情報を得ることができないかもしれないという恐怖心と言ってもいい。実際、3Gが生きているから携帯は繋がるし、ウェブ・ページも見ることができる。それなのに家のネット、Wi-Fiが死んでいるというだけで、これだけのストレスを感じてしまうのだ。なんだか、とても不健康な人間になってしまっているなと思った。


f:id:junichi13:20121006194646j:plain


 翌朝、サポートに連絡して電話口でオペレーションしてもらったら、直った。やったことは、単純に電源を抜き差しして、再起動かけただけ。原因はわからない。だから、またいつおかしな症状が起こってもおかしくないということだが、そんなことより、ネットに依存しすぎている自分の方に不安も感じる。おかしな話かもしれないが、原発うんぬんで電気が使えなくなったとしても、ネット回線さえ生きていれば問題ないくらいの依存ぶりな気がする。