Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

高校野球観戦-金沢桜丘高校対津幡高校

 7月15日朝8時、起きて部屋から外を見ると、テストの点数が悪かったときのメタファーのように空は薄暗く、道行く車もめんどくさそうにワイパーを動かしながら走っていました。僕はううむと思いました。わざわざ雨降る中に、高校野球を観に行くのもどうかなと思ったのですが、せっかく休みの日に母校の試合があるので、一応球場まで行ってみることにしました。一応。すると、やがて雨足も弱まり、球場に着いてみると夏らしい陽射しが差し込み、蝉の声まで聞こえてくるほどです。天気というやつは、無駄に人を不安がらせたり、悩ませたりするので厭になります。


f:id:junichi13:20120715151842j:plain


 今年の桜丘高校は、キャプテンと三番、四番バッターが去年からのレギュラーだった選手。そして二年生には、中学時代に全国大会で活躍した津幡中出身のバッテリー北濱投手と能崎捕手を擁し、なかなか期待のできる年代なのです。そもそも、この津幡中の超中学生級バッテリーは、当初星稜高校を蹴って金沢高校に進学すると噂されており、現楽天イーグルスの釜田投手に続き、金沢高校の黄金時代到来が期待されていました。しかしどっこい彼らは公立の桜丘に入学したのです。さらには津幡中野球部からはマネージャーを含む5人が桜丘野球部に入部しており、当時新聞でも取り上げられていたほど。どこかの漫画のような展開です。今年来年は、本気で甲子園目指してほしいです。


 ということで、僕が試合に行こうと思ったのも、この北濱というピッチャーを観てみたかったことがあります。


 その注目右腕は、どちらかと言えば小柄な方ですが、ストレートでグイグイ押すタイプのようです。ホークスの新垣のような手投げの投球フォームで、腕は若干横から出るスリークォーター気味。しかしコントロールは良さげ。低めのコーナーをついたボールはどれも見事にストライクとコールされました。変化球はスライダーやカット系中心でしょうか、フォークやカーブなど縦の変化や緩急をつけるスタイルではなさそうです。ただ、「これが北濱かぁ」と唸るほどの圧巻のピッチングではなかったかもです。凡打も含め、ジャストミートされた当たりも少なくなく、8イニングを6安打2失点(ただし自責点は0らしい)。まあ、たまたま調子が良くなかっただけかもしれませんが。ただし打つ方では打順は九番ながらもチャンスで長打2本の4打点と存在感をみせていました。


 チームとしても、スタメン9人中6人が左バッターという打線が好調。四番の弾丸ライナーでのホームランや、エラーや四球で出塁したランナーをバントで進め、ガツンと長打で返すという、相手にダメージを大きく与える攻撃で得点を重ねると、8回裏に9得点目を挙げ、7点差サヨナラ・コールド・ゲーム。


f:id:junichi13:20120715151432j:plain


 8時30分のプレイ・ボール、朝一番の試合だし(とはいえ学生にとって8時なんて普通に活動してる時間でしょうが)、天気も良くなかったので、スタンドはほとんど人もいないかなと思ったのですが、生徒を中心に、多分卒業生であろう老若男女含め、がっつり応援席は埋まっていました。これだけ多くの人々がわざわざ試合日程をチェックし、球場にまで来ていることに、いささか驚かされました。そして、これほどの人たちに自分たちのパフォーマンスを観てもらい、期待され、名前を覚えてもらえる高校生なんて、とても幸せだなと。特に僕は高校では部活に入ってなかったので、余計に羨ましく思えました。これだけの視線を浴びることなんて、大人になってもそうそうないよ、今だけだよ、と教えてあげたいです。


 スタンドに居る学生は、どういうわけかほとんどが女子生徒で、陽が射すと彼女らは競いあうように日焼け止めクリームを塗りたくってました。きっと、友だちに誘われて嫌々やって来た風の女子も、密かにお目当ての誰かがグランドにいるのでしょう。ですが見られている球児はそんな視線があることなんて知りもしません。そして女子の方は、たいして野球のルールも知らないので、試合が8回で終わってしまったことにもたいして違和感を感じず、それ相応に満足して、しかしアクマで無関心を装って仲間内で近くのファミレスにでも向かったはずです。嗚呼、青春。


f:id:junichi13:20120715151853j:plain


 思い返せば、自分らも3年の夏はみんなで球場に応援に行った記憶があります。当時、ブラスバンド部が選手別に応援曲を演奏することになり、野球部のレギュラーは好きなバンドのヒット曲やアイドルの曲をリクエストするなか、サードを守ってた友だちが僕の描いた曲を使うと言ってくれました。ので、ブラス部に曲のデモテープとコード表を渡し、演奏してもらったことを思い出します。できあがったものを聴くと「なんか違うな」という印象でしたが、もちろんいい思い出です。ちなみに曲名は「思い出の中で」。高2のときに、小学校くらいの出来事を懐かしんで描いた曲ですが、それがこの歳になって高校時代を思い出す曲になるとは思ってもみませんでした。


 母校桜丘は見事に一回戦は突破しましたが、日程的にはもう球場に行くことはできないでしょう。甲子園にまで駒を進めれば話は別ですが。ちなみに次戦は18日水曜日8時30分より、小松市弁慶スタジアムにて金沢錦丘高校との対戦です。


◆金沢桜丘―津幡(1回戦) - 試合結果 - 全国高校野球選手権石川大会
◆トーナメント表 - めざせ甲子園2012(高校野球石川大会)


【やきう同好会(金沢支部)2012年成績】
▼高校野球

カード 勝敗 球場 戦評
7/15 桜丘9x-2津幡 石川
県立
自慢の打線爆発
9得点、8回コールド


NPB

カード 勝敗 球場 戦評
6/24 中日5-4広島 石川
県立
ブランコ場外弾&和田決勝打で
石川初勝利観戦


JFL

カード 勝敗 球場 戦評
6/3 金沢0-1サガワ 西部
緑地
「パートナーエリア」観戦
攻撃陣覇気なし零封負け


BCL

カード 勝敗 球場 戦評
5/5 石川5-1福井 石川
県立
森M's3年連続開幕戦勝利!
助っ人外国人5人活躍!