Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

NPB観戦-ドラゴンズ対カープ

 年に一度、ドラゴンズが我が街にやってくる。今年は6月24日だった。


 ドランゴンズの「北陸遠征」は、僕の子どもの頃から続いているが、いつからはじまったのかは知らない。しかし、子どもの頃、一度も石川の球場でドラゴンズ戦を観たことはなかった。理由は、試合日程が平日に組まれており、そして父親が会社勤めであると、まず18時からの試合になんて行くことなんて不可能だからだ。もし、僕が小さい頃に、地元の石川の、金沢の球場で、小松や郭源治の剛速球、そして落合、ゲーリー、宇野の豪快なバッティングを見ていたら、きっと中学・高校でも野球を続けていただろうし、つまりイチローみたいにメジャー・リーガーになっていたかもしれない。なんとも惜しいことをしたもんだと、我ながら思っている。


f:id:junichi13:20120624181259j:plain


 この日は日曜日のデーゲームだったこともあってか、早い時間から多くの人が球場を取り巻いていた。つい先日のテレビ番組で「広島カープ芸人」がオン・エアされたこともあってか、カープ・ファンも意気揚々と駆けつけている。日本の高齢化に負けず劣らずの年季の入った石川県立球場だが、これだけの賑わいのなかにいると、日本最年長の象を見に動物園にたくさんの家族連れが集まってきたような微笑ましい気分になれる。


 しかし、この球場一体の活気とは反比例するように僕ががっかりしたのは、運営スタッフ陣の怠慢さだ。入場ゲートは物置の入り口くらいの狭いもので、それが内野指定、内野自由、外野自由用に、それぞれ1ヶ所あるのみ。当然入場にあたって長蛇の列となる。そして入場するため列につこうとするのだが、果たしてこの行列の先にあるのは「内野指定席の入り口」なのか「内野自由席の入り口」なのか「外野自由のそれ」なのかさっぱりわからない状態。見かけた警備員に訊いても「行列が長すぎて、オレもわかんない」との始末だ。いや、それを案内するのがお前らの仕事だろ。また、試合中、地元のちびっ子チアリーディング・チームがダンスを踊る時間があったけど、BGMが小さすぎて聞こえず、何もできないまま退場してしまったという一幕もあった。リハーサルしとけよと。もちろん、歓声にBGMがかき消されたり、風で音が流されたりすることも考慮したリハサールをね。きっとBGMがチアリーダーたちに届かないってことは想像だにしてなかったんだと思う。


 地方都市というのは、人が大勢集まってくるイベントの仕切りのノウハウや経験がないのか、とても不親切だし、とてもみっともない失敗が目につく。行列にしても、おそらく毎年来場してる人は、なんとなく感覚でわかることを前提に、これといったガイドがないような気がする。案内係も特に必要がないと判断したから、用意しないのだろう(もちろん予算削減も理由にあるだろうが)。


 でもまあしょうがないのかなとため息を出して、諸々見なかったことにしようと思った。でも数年後、金沢でも1万人規模のフル・マラソンを実施するとか言っているが、大失敗になりそうな気がする。


f:id:junichi13:20120624180730j:plain


 県立球場のキャパシティは17,000人。この日の動員も満員の17,000人と発表があったが、実際は内野指定席(特にビジター側)に空席が見て取れるほどあり、その反面、内外野の自由席は完全な飽和状態だった。まあそんなものかもしれないが、バランスの悪い満員御礼ということか。


 試合の方は、初回からブランコの場外ホームラン(石川でのブランコのホームランを観るのはこれで3回目だ)などドラゴンズが猛攻を見せ4得点。このまま大量得点すれば、今年、星稜高校を卒業した西川投手の凱旋登板が濃厚だなと思った矢先、防御率1点台の先発山内が打ち込まれあっという間に4対4の同点。やはり地方球場は投げにくいのだろうか。初回から仕切りに足元を気にしてはいたのだが、4回に4連打のあと3連打と打者一巡の猛攻を受けノック・アウトされてしまった。おととしもエース吉見が日ハム打線に打ち込まれている。もしかしたら中日投手陣は「石川は投げにくい」みたいなレッテルを貼っているかもしれない。僕は勝手に肩身が狭くなってしまう。


 しかし、その後「石川と相性がいい」という和田の豪快な2ベースで逆転すると、ソーサ、ソト、山井がカープ打線を黙らせ、最後は岩瀬がピシャリと3人で締めて、5対4で逃げ切り。中日らしい1点差ゲームでの勝利だ。


f:id:junichi13:20120624181335j:plain


 デーゲームは気持ちがいい。そしてもちろん、満員のスタンドで贔屓チームの勝ち試合は申し分ない。しかし、オーストラリアの人口密度のような動員のミリオンスターズの試合も捨てたもんじゃない。まとめると、野球を球場で観るならデーゲームに限るということだろうか。


【やきう同好会(金沢支部)2012年成績】
NPB

カード 勝敗 球場 戦評
6/24 中日5-4広島 石川
県立
ブランコ場外弾&和田決勝打で
石川初勝利観戦


JFL

カード 勝敗 球場 戦評
6/3 金沢0-1サガワ 西部
緑地
「パートナーエリア」観戦
攻撃陣覇気なし零封負け


BCL

カード 勝敗 球場 戦評
5/5 石川5-1福井 石川
県立
森M's3年連続開幕戦勝利!
助っ人外国人5人活躍!