Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

僕が住んでみた町@東京

note tokyo

 ぼんやりと「東京」につてい書き残しておきたいという思いが随分前からあったので、とりあえず自分が住んでみた場所について書いてみたました(この少し前に読んだ『ティファニーで朝食を』がきっかけ)。


 こうやって書いてみると、僕が東京で暮らした4つの場所が見事に起承転結をなしているなと気づきました。もちろん意識して引っ越したり暮らす場所や環境を選んでいたわけではないのですが、あらかじめ決まっていたことかのように僕の東京での生活が進んでいったように思います。また、石神井と国分寺での出来事などWikipediaに項目を設けても良いのではないかというくらい膨大な思い出がありますが、5月で一区切りつけようと思ったので、ここらで一旦終了しておきます。「東京」を振り返るのだって、他にもいろいろと切り口はあるわけなので。


f:id:junichi13:20090904183642j:plain


 僕にとって東京は、嫌々出ていった場所であり、決して望んだ進学先ではなかたっとわけですが、そこで得た経験や体験というものは予想外に大きなものであり、「もう帰省したから、昔の良い思い出」で終わらせてはいけない、それなりに形のあるものにまとめてみなくてはという思いが強くあります。東京を離れてある程度の時間が経ったので、少し客観的に接することができるかなと最近感じるのです。また時間があれば、東京で得たものを金沢で振り返って文字にしてみたいと思っています。少なくとも僕にとって、そこになんらかの意味があるような気がするので。