Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

味覚は変わるという話

たいして深い付き合いもなかったのに、ちょくちょく思い出す人ってのがいます。少し前に書いた「ブルーブラック」のインクを使っている上司もそのひとりです。 同じように、今でもしばしば頭の中に登場する人物で、バンドをやっていたときのバイト先で一緒だ…

買い物しよう

先日、遅ればせながらiPhone5Sを購入しました。 元々、よく確認せずに入したiPhoneケースが、iPhone5用のものでサイズが合わず4では使用できなかったということがあり、そろそろ機種変更しないとなとは思っていました。でも、思うだけで、別にいつでもいいや…

僕の嫌いだった星野仙一と77番物語

今これを描いているのは、11月2日の17時過ぎで、日本シリーズ5戦目のプレイボール前。まあシリーズ途中にこんなことを言ってもしょうがないのだが、もういい加減、星野仙一監督も日本一になっていいんじゃないのかなと思っています。 ちなみに30代以上のドラ…

ブルーブラックの話

僕がはじめて、「会社」らしいところで働いたとき(といっても身分はアルバイトだったが)の上司が使っていたボールペンの色が「ブルーブラック」だった。どうして「ブルーブラック」を使っているか訊ねたことはなかったのだが、多分次のような理由からだと…

メモ帳

数年前から、「1ヶ月に1冊」という区切りでメモ帳を使っている。メモ帳はA6サイズのコンパクトなもので、A罫ドット入り、48枚のタイプ。月末には残りどれだけページが余っていようと、新しいものに交換して使う。つまりは1年で12冊のメモ帳ができあがること…

藤子不二雄という不思議

遅ればせながら「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」の藤子・F・不二雄特集を観た。10月21日放送分だ。 番組を観ながら思ったのだが、僕が今関心のあるもの、これまでに興味を持ってきたものすべてが、藤子不二雄の上に成り立っているように感じた。中日ド…

子供に苦労をさせたくないなら

先に紹介した井端の本の中で触れられていた話題。「自分の子供をプロ野球選手にしたいか?」という質問に対して、井端は、自分がプロ野球選手になるにあたって苦労したことや犠牲にしたことを考えると、そんなしんどい思いを子供にさせたくないといったよう…

百万石ロードレースに応援に行ってみた

気づくと、今日「百万石ロードレース」の日だった。去年にはじめてハーフにエントリーして、途中足切りにあったレースだ。今ではもう日程すら把握していない有り様である。しかし、ちょうど休みの日でもあったし、応援に行くことにした。 天気予報は1日を通…

クライマックス

プロ野球、クライマックス・シリーズが絶賛開催中である。一応、テレビをつけて観戦しているが、正直どうでもいい感があることは否めない。贔屓チームのいないゲームなど、思った以上に見どころがない。というか、野球というものの楽しみ方を忘れてしまった…

ソフトバンクか否か

いまだにiPhoneの4を使っている。4Sではなく、4。で、iOS7をインストールしたら、どうももっさりしており、いい加減5に買い換えないとなと痛感した次第。そうなると、ついでにソフトバンクからドコモにでも代えようかなとも思ってくる。 僕は、「メーカー」…

久しぶりに走ってみた。

久しぶりに走ってみた。距離は約7キロ、時間は約55分。ペースは、1キロ7分41秒とか。つまり、1キロを走るのに8分近くかかっている。10キロ、50分切りを大きな目標としていた頃と比較すると、1キロを走るのに3分遅くなっていることになる。まあ、何もしてない…

とあるラーメン屋さんでの雇用問題

先日、ラーメン屋さんに行ったときの話。 そのお店は、そこそこの人気店で、昼夜問わず店前の駐車場に多くの車が止まっている印象がある。で、僕が訪れたのは夜の21時くらい。ちょうど前の客と入れ替わるように、すっと入れて、すっと席につくことができたの…

一気に書くことの重要性

細切れにものを書くと、どうも統一感が欠けてくる。そしてなにより自分自身が飽きてしまう。 草野球をやってた頃のことを書きたいな、書いたらそれなりの分量になるだろうな、そしてそれなりにおもしろいエピソードあるだろうなというのは実は去年くらいから…

2つ目のヤンキース

しつこく草野球の話。 僕が最初に草野球チームに入団したのは、2004年の5月15日である。というか、自分の中で2004年の5月15日ということにしている。とはいえ、この日にちを記念日としてしっかり覚えているわけではなく、チームのホームページの試合の記録を…

2つのヤンキース

草野球の話のつづき。 メンバー募集をしているチームをネットで検索して、最終的には2つのチームにメールを出した。どうしてこの2つに絞ったのかはよく覚えていないが、いくつかある中で、2チームにアクションをかけたわけだ。否、もしくは手当たり次第にメ…

ついでなので草野球について

ついでなので草野球について。 東京に居た時分、ふと思い立って草野球をはじめた。2004年。もともと半年に2~3回くらい、不定期だが長い付き合いの友人同士で集まったときには、3人で決まって公園に出かけキャッチボールをしていた。そのキャッチボール用と…

ドラマ「半沢直樹」を観て

大人気ドラマだったようで、僕は初回から観ていたわけではないのですが、最後の1/3くらいは観たような気はします。で、観ながら思ったことをいくつか書いておきます。 まず、こんな小難しい話によく視聴率が集まってるななというのが最初の感想。僕はまず「…

夢の話(1000円のカレー)

変な夢を見たので、目が覚めて、まだ横になっていたいにも関わらず起きて思わずメモをしてしまいました。 というか、起きたときは変な夢だなと思っていたのですが、今そのメモを読み返してみると、別段ユニークでもなければ、教訓になるような内容もなく、ま…

体罰ニュースから気づいたこと

きのうYouTubeを見ていたら、偶然レコメンドされた動画あり、例のどっかの高校のバレー部の体罰の動画でした。多分、部員の誰かがiPhoneか何かでこっそり撮影したのでしょう。おいおい、こんなのがアップされてちゃこの先生と学校はマズイんじゃないのか、と…

日本記録とアジア記録と日本国内の小さなこだわり

東京ヤクルト・スワローズのバレンティン選手がシーズン本塁打記録を塗り替えましたね。良いニュースですが、ひとつ気になっていたことを書いておきます。まあこの件に関しての、日本人だとか外国人だとか言う問題に関しては、これまでも散々出尽くしている…

遺書を書く。

なんとなく去年思いついたことのひとつに、「遺書を書く」ということがあります。人生の折り返し点の35歳から、5年毎、つまり35歳、40歳、45歳、50歳……と、もう明日死ぬという前提で遺書を書き残してみるという試み。遺書というか遺言状といってもいいかもし…

昼どきの公園の妄想力

お昼は弁当を食べることが多いのですが、最近は車で外に出るようにしています。で、適当に日陰になっている場所を見つけて、そこに車を止めて、車の中で少し窓を開けて弁当を食べるわけです。猛暑も通り過ぎ、次、積雪の季節になるまでは、悪くないランチ・…

東京オリンピックというボーダー

2020年のオリンピック開催地が東京に決まったそうです。まず最初の僕の感想は「ふうん」くらいなもので、同じ日本とはいえ、地方と東京には大きな壁があるわけで、いわゆる「わくわくするぞ」的な高揚はまったく湧いてきませんでした。僕にとっては、マドリ…

結婚=食事

先日の結婚披露パーティーで「スピーチ」を頼まれていたので、あれこれと考えていきました。できあがったものは、読み上げるとだいたい5分くらいになるもので、長いなと思いつつも、これ以上コンパクトにするだけ推敲する時間もなかったので、これで一応の完…

明日東京に行くわけだが

友人の結婚式で東京に出かけるわけだが、そう言えば今年はまったくどこにも出かけてないなと今さら思った。で、Googleカレンダーとか手帳を紐解いてみると、1月に「新年会」名目で東京に行って1泊しており、遠出、旅行といったものは、このときだけのようだ…

僕なりに高級なコーヒーを飲んでみて

自分で言うのもなんだが、僕は味音痴な方で、適当な料理の形さえ整ってれば、それなりに美味しいと感じて食べられる方だと思っている。好き嫌いは別として。で、当然飲み物などもそうで、最低限の水分補給さえできればそれでよく、ケース・バイ・ケースでお…

顔剃り

床屋さんに行くと「顔剃り」なる工程がある。ヒゲ剃りの延長で、眉のまわりや頬など顔全体の産毛も全部剃ってしまうわけだ。で、よくよく言われているのが、この顔剃りが気持ちいいということ。僕が小学生の頃からよくよく耳にしている。おそらく女性は顔剃…

GoogleReaderがなくなって

7月くらいにGoogleReaderのサービスが停止した。最初に告知があったときは、「非常に困る」と困惑し、なんとかサービスしてもらえないものかと切に願ったし、ダメなら早めに他のReaderサービスに現状の設定を移行しないといけないなと思っていた。 ところが…

自分なりの言語統制の裏側で

僕は元来、非常にめんどくさがり屋で、5分毎くらいに「めんどくさい」と口にしていたくらいだった。口にしないまでも、心のなかで思っていた。「あーもーめんどくせーなー」と。しかしむしろ僕は「めんどくせーなー」と言うことが、ちょっと擦れててカッコイ…

天気の話

非常に短い期間だが、大学で軽音サークルに所属してた時期があった。そこでは当然、サークルに所属するバンドが順番に演奏をする「発表会」のような催しがあった。1つのバンドの演奏が終わると、次のバンドに交代するわけだが、時間にすると5分から10分弱の…

あー、夏休み

23歳か24歳くらいのとき、もうバンドをやめて、普通の会社で働いていたときに、ふと「8月の最中に建物の中に閉じこもって、仕事してるってなんなんだろ?」と思ったことを、毎年のように思い出す。つまりもう「夏休み」というものがなくなってしまったことを…

俺を超えてみろは、本音か建前か

たとえば、君が強豪校の高校球児で、去年甲子園に出場したとしよう。そして見事ベスト4まで勝ち上がる健闘をみせ、これが母校はもちろん、県の過去最高の成績となったと仮定する。当然、地元じゃちょっとした有名人みたくなり、この快挙を祝福してくれるわけ…

世界陸上を観た

ドラクエ自粛期間。テレビを付けたらモスクワで行われている世界陸上がやっていたので、観ることにした。 スポーツというものは、考えようによっては理不尽の塊みたいなもので、特に野球やアメフト、ラグビーなんて、なんでそこまで複雑なルールにしたのかと…

クレーム電話の仕方

商売柄クレーム電話というものが、ちょいちょいある。なかには、まったくのイチャモンもあれば、それなりに筋の通っているものもある。お店側に非があるものもあれば、そうでないものもある。そして客の主張が正しいとしても、店のマニュアルやルール的に認…

低学歴の世界と僕が子供をつくらない理由のようなもの

◆低学歴と高学歴の世界の溝:はてな匿名ダイアリー 何気なく見かけたエントリーだが、とても共感してしまった。確かに「低学歴の世界」と「高学歴の世界」の溝というものは存在するし、僕自身もこの増田さんほどではないにしても「低学歴の世界」も「高学歴…

夏フェスは虐待か?

◆ロック・フェスは幼児虐待の道具になっていないだろうか(山崎智之) - 個人 - Yahoo!ニュース 幅広い年齢層をターゲットにした、自然との調和を図るフェスティバルということで、近年は親子連れも目立つようになったフジ・ロック。ベビーカーをガラガラ押し…

ヒロシマ訪問から1年経って

去年の今頃はヒロシマにいた。平和祈念式典に参加して、原爆ドームを目のあたりにし、平和記念資料館にも足を運んだ。非常に非常に暑い日だったことを覚えている。で、当然のことながら去年は原爆とか戦争とか平和とかに興味・関心があり、広島訪問の後もし…

ドラクエ1周年と、その時間

先日の8月2日で、ドラクエ10が発売されて1年が経った。1周年を記念して、ゲーム内でも様々なイベントが行われたわけである。なんでもそこで、同時ログインの最高記録が出たくらいだそうで、まだまだゲームとして衰えはみせていないようだ。通常ならせいぜい1…

電車でGO

つい先日見かけた友人のツイート。「小学生の子供が、友達だけでイベントのパンフなんかを見ながら電車に乗っているのを見ると、都会だと思う」。僕も東京にいた頃、おそらくちょうど今時分の夏休みに、ポケモンのスタンプ・ラリー実践中の小学生の男の子数…

母校嫌いからの

僕はもともと自分の卒業した高校ってものがあんまり好きじゃありませんでした。特に、一浪して予備校で教わったことが非常に自分を成長させてくれたという思いから、「あの高校の3年間ってのは何だったんだ?」と霞んで見えたことが大きいと思います。むしろ…

追いぬかれて、その後どうするか?

高校野球を観ていて前々から思うことがあります。1年生ながら背番号一桁をもらってスタメン出場している選手がたまにいますが、当然1年生が出ている分、ベンチに追いやられた上級生がいるということです。で、たとえばこの夏の大会で出場している1年生がいる…

オールスターとは言うけれど

プロ野球の「オールスター」がつまらない、なんて話をよく聞きます、僕だけかもしれませんが。まあ確かに言葉負けしているような気もします。表題ほどの華やかさはないんじゃないかって。 もう聞き飽きたかもしれませんが、かつてはテレビじゃめったに見るこ…

足が太いことと歩くことと、車の話

中学のときに読みあさっていた「ユニコーン」のインタビュー集の中にあった言葉で、今でも覚えているものがあります。音楽とはまったく関係ない話で、上京したての頃の奥田民生氏が「東京」について述べた次のような感想。「東京の女の人は歩き過ぎなのか、…

どこで遊ぶか?

職場の窓から見える位置に、去年の秋口頃、一軒家が建ちました。田んぼしかなかった所にドンと今風の新築ホームができたのです。で、その家には小さい男の子がいるようで、最近果敢に路上でサッカー・ボール蹴って遊んでいる様子がうかがえます。小学校1~2…

眠気は膳か悪か

恒例のドラクエ課金切れ休暇中。日曜までという短い期間ですが、ドラクエ自粛期間です。ということで、夜は適当な時間に寝て、朝も早く起きる必要がないわけで、睡眠時間は余裕を持って確保できているはずです。しかし、相も変わらず、脳と瞼の中間辺りにが…

クーラーと罪悪感

僕が小学校の頃などはクーラーなんてものはなく、夏の涼を取る手段としては扇風機一強時代でした。しかし中学生になったあたりからクーラーというものが世の中に普及しはじめて、僕の部屋にも「これからの時代は当たり前です」みたいな顔でクーラーが導入さ…

公文入門の話

小学校の1年か2年のときに「公文式」をはじめました。保育園からの友達が習っていたから、真似してはじめたという経緯です。 今はどうなのか知りませんが、当時はごく普通の「家」の一室にテーブルが並べられており、月曜と木曜に、そこで用意された問題用紙…

花火というイベント

この季節になると「花火」というイベントが取り沙汰されます。金沢だと7月27日に北国新聞社、8月3日北陸中日新聞社主催の花火大会があるそうです。僕の場合は、花火に行こうが行くまいが、会社と家のちょうど中間地点で花火が打ち上げられるため、毎年、否応…

扇子の話

6年ほど前、まだ東京にいた時分に「扇子」を買いました。どうしてこんなものを買ったのかは覚えていませんが、多分、仕事で「ゆかた」がどうこうみたいな記事を書いていたので、その流れで「和風」なアイテムに興味が向いていたのでしょう。確か新宿かどこか…

高校生、楽器、やめれないこと

先日、昔中学の部活を教えていた頃の生徒から連絡がありました。彼は今では高校2年生になっていますが、中学卒業後はこれといった連絡などなかった気がします。メールの件名は「お久し振りです!」と。そして本文はこんなような内容です。「今日友達がライブ…